星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター

兵庫県 尼崎市・西宮市・神戸市・芦屋市
睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療・療法

home
サイトマップ
予約専用TEL・050-5305-5515
お問合せTEL・0798-35-5965
パソコンから予約する
携帯から予約する
電話ガイダンス予約
問診票ダウンロード
アクセス
阪神西宮駅南すぐ西宮全域、尼崎市、神戸市、芦屋市など兵庫県内各地、兵庫県外からも多数来院していただいております。

星野耳鼻咽喉科睡眠呼吸センター

兵庫県西宮市田中町3-1

エイヴィスプラザ総合医療フロア

■阪神西宮駅 徒歩1分 南側正面

■阪神芦屋駅から6分

■阪神尼崎駅から15分

診療時間

CPAP治療

CPAP治療とは

CPAPとはContinuous Positive Airway Pressureの略で、持続的な気道にかける陽圧という意味、一般的には機器そのもの、それを利用した治療・療法を指示して呼ばれています。

これは、マスクを介し気道内に陽圧をかけ、気道の狭窄及び、閉塞を防ぐことを目的としています。 CPAP療法は、1981年、C.E.Sullivan(シドニー大学)らによってはじめて睡眠時無呼吸症候群の治療に導入され、劇的な改善効果が報告されました。その後、様々な臨床試験が重ねられ、有効性と安全性が確認され、現在では、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)治療の第一選択として、多くは中等症~重症症例の治療に用いられています。

重症OSASにおいてCPAP治療群と無治療群を比較した場合、CPAP治療群のほうが明らかに予後がよいという報告が多くあり、様々な研究によって、OSASに対するCPAPの治療効果が証明されています。

CPAP治療の理解のため、解剖学的に様々な患者様に応じてその具体的な呼吸生理学的治療メカニズムを外来で説明させていただいております。ホームページでは書ききれないことご容赦ください。

呼吸生理学的治療メカニズムの理解はCPAP治療のコンプライアンスを高めるため患者様に是非理解していただきたいことです。

CPAP治療が出来ないとのことで当院を訪れる患者様の多くはCPAP治療の基礎的な呼吸生理学を充分理解していただいていないようです。

CPAPのメリット

CPAP療法の治療効果には個人差があります。一般的には治療を開始したその日から、熟睡感が得られたり、日中の眠気が軽減したりと治療効果を実感していただけます。

騒音(いびき)が抑制されるため、ベッドパートナーの方も安心して熟睡していただけるでしょう。

一般的に、重症の睡眠時無呼吸症候群ほど自覚症状が劇的に改善します。

軽症であればあるほど、自覚症状が少なければ少ないほど改善の実感が少ないようです。 たとえ自覚的な変化が実感できないとしても多くの場合、OSASによる脳血管系、心血管系のリスクが除去される等、何らかの良い変化がみられるはずです。

多くは、良眠により活動的になり仕事や趣味、社会生活に意欲が湧き生活の質(QOL)の向上を経験されることでしょう。

CPAP療法によりはじめて体重減少や禁煙に成功することもあります。 降圧剤や抗精神薬等の服薬を減量できることもあります。

CPAP治療の装置について

CPAP療法に使用する装置(CPAP装置)は、電気製品で枕元に置いて使用します。

CPAP療法の構成は大きくは以下の通りです。

・マスク(ヘッドギアにより固定)

・エアーチューブ(装置とマスクをつなげるホース)

・CPAP装置 ・電源コードとACアダプター

・その他、必要に応じてオプション(加湿器、CPAP枕)を付加します。

導入方法

CPAP療法の成功には、患者さん個人に最も適した機器及び、マスクの選定が大切です。

1.マスクの選択

患者さんの年齢や性別、顔面形態に関わらず、個人に合ったマスクの選定を行います。

使いやすさも重要なポイントです。CPAP療法を左右する大きな要素となります。

額の角度や広さ・大きさ、鼻の形や大きさ、鼻の下の長さ。

当院では、国内で使われている殆どのマスクを準備しています。

2.マスクの種類

マスクには大きく分けて、鼻タイプ・鼻孔タイプ・フルフェイスタイプがあります。

残念なことに日本では選択したCPAP装置メーカーによりマスクの選択は限定されています。

鼻タイプは最も一般的です。

顔の形状等をよく見て選択する必要があります。

不必要な漏れ(リーク)が最も少なく、装着感もよく安定していると思われます。しかし、漏れを気にするあまりヘッドギア(ベルト)を強く締め過ぎたり、鼻根部にマスクの跡が残ったり、それらの圧迫により潰瘍 ができたりすることがあります。

写真(鼻タイプ)は日本人用に特に用意されたマスクで非常に優秀なものです。

CPAP鼻タイプマスク

鼻孔タイプは、鼻腔に直接差し込むマスクです。

構造上、寝返りなどによりずれやすく漏れが生じやすくなっています。しかし、顔への圧迫感が比較的少ないため、皮膚にマスク痕が残ることもなく、視界も開放的なのが特徴です。

また、鼻ノズルが鼻の穴より少し大きければ鼻前庭(鼻入口部、鼻の中で最も抵抗が高い)の抵抗が減少し、咽喉へしっかり圧力がかかるので、鼻の生理学的な見地からも非常に良いものだと思います。稀に鼻中隔が前方で強く曲がっている場合や鼻粘膜が入り口に近い場合、先端が鼻粘膜に当たることもありますので注意が必要です。

鼻血の原因になることもあります。写真(鼻孔タイプ)は当院で使用する代表的な鼻孔タイプのマスクで漏れも少なく非常に使いやすいものです。

CPAP鼻孔タイプ マスク

フルフェイスタイプは、鼻及び口まで覆うマスクです。

ひどい開口や、強い鼻閉等により鼻呼吸が困難な場合に選択します。

選定の例として、寝返りの多い場合には密着度がある鼻タイプ

額の角度が後方へ傾いている場合には額の密着度を調整できる鼻タイプ もしくは、額の角度にあまり関係の無い鼻孔タイプ

敏感肌やアトピー性皮膚炎等がある場合には皮膚への接触が少ない鼻孔タイプなどなど。

体の不自由な方やご高齢の方にも装着が簡単で最適なマスクを選択できるよう心がけております。

使用の際はその人に適当であろうマスクをいくつか提案し、実際に装着してもらって相談しながら決定していきます。写真でお見せした以外に様々なマスク、マスクサイズを用意しております。

3.装置の選択

CPAP療法の圧のかけ方には大きく3種類のタイプがあります。

様々な条件から決定した固定圧(適正圧、処方圧)を上限として下限圧から徐々に圧を上昇させ一定の圧を睡眠中維持する固定タイプ、下限圧と上限圧間で必要に応じて圧力を変動させるオートタイプ、呼気、吸気それぞれの圧を固定設定する特殊なBilevelタイプです。

固定タイプは、発生が予想されるいびき、無呼吸、呼吸努力に対してこれだけ圧をかけておけば大丈夫、即ち先手必勝タイプ(事前処理型)で、オートタイプは、発生したいびきや無呼吸に対して圧を上げて機械も頑張りますが患者さんも圧が上昇して無呼吸がなくなるまでは努力してくださいねという事後処理タイプです。

どのタイプにも良し悪しがあります。固定タイプは、その人に適した圧力を設定できればマスクからの漏れを気にすることなく、機械、マスクを比較的選ばず大変使用し易いものなのです。体重の変化、アルコールの摂取、睡眠薬、抗アレルギー剤使用等の条件の変化には対応できないところがあり、圧が不足してしまうことがあります。

オートタイプは、変動の幅をもたせている分、様々な条件に対応でき万能なのですが、メーカーにより、装置により、その変動条件(アルゴリズム)-無呼吸に対する対応が異なるため患者様の呼吸パターンによっては相性が会わないこともあります。又マスクからの漏れを上手く制御する必要があります。

固定タイプもオートタイプもとても優秀であり、正しく選定すれば快適な使用感が得られます。

装置の選定の前に、患者さんに合った圧力を設定する必要があります。

圧の設定

圧の設定は非常に重要です。

後述のP.S.G.タイトレーションが経済的にも時間的にも出来ない場合、患者様の肥満度、骨格、口腔咽頭所見、上気道のCT画像、AHI,酸素飽和度低下の程度状況等から医師自らが閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対して最大必要な圧を推測します。

これは非常に重要で熟練、経験を要します。

オートタイプでは過度な圧設定(最大圧)をするとマスクからの漏れに応じて必要以上に圧がかかり心血管系に負担がかかります。過度の圧負荷により心不全を発生させ中枢性無呼吸になることがあります。また過度な圧設定は更に大きな漏れを生じ、苦しくてマスクをはずしてしまいます。

最近安易なCPAP治療が宣伝されていますが、高血圧の薬と同様、うっかり処方量(処方圧)を間違えると大変なことになります。

当院では患者さんの病態や症状改善を第一優先とし、必要に応じて自宅で出来る簡易検査の後CPAP療法をすぐに開始することがあります。この場合は、オートタイプのCPAP装置(Auto CPAP)を選択して、口腔・咽頭所見や簡易PSGの結果、今までの経験を元に暫定的な圧設定を行います。

経過を見ながら、圧(オートから固定に切り替えることもあります)、マスクの微調整、機器の変更などを行いながら適正圧に近づけてゆきます。

状況を問わず遅かれ早かれPSGタイトレーション検査(後述)を受けていただくことにより、更にきっちりとした適正圧を決定することができます。

経過観察の方法は、CPAP装置に記憶される情報と患者さんのお話により行うことになります。

PSGタイトレーション検査

適切な圧力を設定するために最も推奨されるのは、終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)を行い、検査技師の監視下において手動遠隔操作で圧力を調整し決定する方法です。

PSG上で睡眠中の無呼吸や低呼吸、脳波上の覚醒反応、呼吸努力等がどの睡眠段階でも、どの体位でも消失する圧(多くはレム睡眠時の仰臥位での圧)を一晩通して探し出し決定します。

CPAP装置

CPAP装置の情報としては、圧力の変動状況(Auto CPAPのみ)や使用時間、使用日数、マスクからのリーク量、無呼吸低呼吸の数(AHI)等があります。

その情報が機種によっては小さな磁気カードに記録でき、経過観察および、状態管理を行うには患者さんにも医師にも非常に使いやすくなっております。

その他、降圧機能(吐くときの圧力を下げる)を有するCPAP装置や吸う時吐く時それぞれの圧力を設定する装置(Bilevel PAP)を患者さんに合わせて提供させていただいております。

CPAP使用に関する問題点

非常に少ないですが呼吸不全等がある時は使えません。もしくは慎重に行う必要があります。

中枢型無呼吸にも同様です。また、肺嚢胞がある時は禁忌です。

診療時間
午前診療 8:45~12:00 月~土
午後診療 4:00~ 7:00 月~金

休診日:土曜午後・日祝祭日

※午後の窓口での受付は6時30まで

星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター

〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3丁目1 エイヴィスプラザ2F

阪神西宮駅徒歩1分