星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター

西宮 睡眠障害・睡眠時無呼吸症候群の治療・検査

home
サイトマップ
予約専用TEL・050-5305-5515
お問合せTEL・0798-35-5965
パソコンから予約する
携帯から予約する
電話ガイダンス予約
問診票ダウンロード
アクセス
阪神西宮駅南すぐ西宮全域、尼崎市、神戸市、芦屋市など兵庫県内各地、兵庫県外からも多数来院していただいております。

星野耳鼻咽喉科睡眠呼吸センター

兵庫県西宮市田中町3-1

エイヴィスプラザ総合医療フロア

■阪神西宮駅 徒歩1分 南側正面

■阪神芦屋駅から6分

■阪神尼崎駅から15分

診療時間

ごあいさつ-医師:星野 哲朗

私はこれまで耳鼻咽喉科専門医として鼻副鼻腔疾患、頭頸部疾患、めまい、難聴の治療に従事してまいりました。同時に、睡眠学会専門医として幅広い睡眠障害の治療に従事するとともに、「睡眠時無呼吸症候群」、「ナルコレプシー」、「不眠」など様々な睡眠障害に関する研究を行ってまいりました。
耳鼻咽喉科疾患は「睡眠」と強く関連し、また睡眠障害は「めまい」「喉の違和感」をはじめとする様々な「耳鼻咽喉科疾患」と関連します。そのため、仕事や学業、スポーツのパフォーマンス向上、またお子様の健全な発育には「睡眠」+「耳鼻咽喉科」という両面からのサポートが必要不可欠と考えています。耳、鼻、喉の症状のみならず睡眠(漠然とした悩みでも結構です)にお悩みの方はお気軽にご相談ください。
日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本睡眠学会専門医としての経験と専門知識を生かし、最良の治療選択肢をご提案させていただきます。

 

星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター
医師 星野 哲朗

経歴

平成22年 3月 愛知医科大学医学部卒業
平成22年 4月 愛知医科大学 初期臨床研修プログラム
平成24年 4月 愛知医科大学 耳鼻咽喉科 専修医
平成27年 4月 愛知医科大学 耳鼻咽喉科 医員助教
平成30年 4月 愛知医科大学 睡眠科 医員助教
平成31年 4月 愛知医科大学 睡眠科 講師
令和2年 2月 愛知医科大学 睡眠医療センター 副センター長
令和3年3月 星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター 就任

資格・専門医等

医学博士
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本睡眠学会専門医
愛知医科大学 睡眠科 客員研究員

修了課程

平成24年 Khon Kaen University Elective program at Department of Otorhinolaryngology修了
平成27年 Khon Kaen University Middle ear and Temporal bone Microscopic Surgery course修了
平成28年 Florida Hospital Nicholson Center OSAS surgery international course修了
平成30年 Khon Kaen University
Advanced Endoscopic Sinus & Skull Base Surgery course修了
第1回 獨協医科大学 sleep surgery研修会修了
令和元年 ASEAN ORL-HNS congress 7Th Sleep Apnea Surgery Workshop修了
第2回 獨協医科大学sleep surgery研修会修了

著書・論文

Hoshino T, Sasanabe R, Murotani K, Hori R, Mano M, Nomura A, Konishi N, Baku M, Nishio Y, Kato C, Kuczynski W, Shiomi T. Estimated respiratory arousal threshold in patients with rapid eye movement obstructive sleep apnea. Sleep and Breathing 2021 (投稿中)
 

篠邉龍二郎, 佐藤雅子, 星野哲朗, 塩見利明. 閉塞性睡眠時無呼吸(成人).

日本睡眠学会, 編. 睡眠学 第2版. 東京:朝倉書店;2020. P.543-546.

 
Hori R, Hoshino T, Yamaguchi M, Haseda Y, Urabe A, Imai M, Arita A, Kato C, Konishi N, Mano M, Baku M, Nomura A, Sasanabe R, Suzuki K, Shiomi T. Autism-Spectrum Quotient in Teenage Patients Suffering from Difficulty Getting Up Due to Excessive Morning Sleepiness. BJSTR 2020; 15: 17
 
Hoshino T, Sasanabe R, Murotani K, Hori R, Mano M, Nomura A, Konishi N, Baku M, Arita A, Kuczynski W, Shiomi T. Insomnia as a Symptom of Rapid Eye Movement-Related Obstructive Sleep Apnea. Journal of clinical medicine 2020; 9: 1821
 
Nishio Y, Hoshino T, Murotani K, Furuhashi A, Baku M, Sasanabe R, Kazaoka Y, Shiomi T. Treatment outcome of oral appliance in patients with REM-related obstructive sleep apnea. Sleep and Breathing 2020; 24: 1339-1347
 
Mano M, Hoshino T, Sasanabe R, Murotani K, Nomura A, Hori R, Konishi N, Baku M, Shiomi T. Impact of Gender and Age on Rapid Eye Movement-Related Obstructive Sleep Apnea: A Clinical Study of 3234 Japanese OSA Patients. International journal of environmental research and public health 2019; 16: 1068
 
Hoshino T, Sasanabe R, Mano M, Nomura A, Kato C, Sato M, Imai M, Murotani K, Guilleminault C, Shiomi T. Prevalence of REM-related obstructive sleep apnea in adult narcolepsy. Intern Med 2019; 58: 2151-2157
 

星野哲朗, 加藤ちひろ, 佐藤雅子, 今井正人, 野村敦彦, 篠邉龍二郎, 塩見利明

睡眠障害の診断と治療 ナルコレプシー. 臨床と研究 2018; 95: 1336-1340

 
Hoshino T, Shiomi T, Konishi N, Suda M, Haseda Y, Mano M, Nomura A, Hori R, Sasanabe R. Blue light exposure in the morning and low-dose aripiprazole administration at night combined to effectively treat wake up difficulty due to prolonged sleep time. BJSTR 2019; 12: 2574-1241
 
Hoshino T, Sasanabe R, Tanigawa T, Murotani K, Arimoto M, Ueda H, Shiomi T. Effect of rapid eye movement-related obstructive sleep apnea on adherence to continuous positive airway pressure. J Int Med Res 2018; 46: 2238-2248
 
Hoshino T, Tanigawa T, Yanohara G, Murotani K, Horibe Y, Murohara T, Shibata R, Ueda H. Effect of Body Mass Index on Posttonsillectomy Hemorrhage. Biomed Res Int 2017.
 
Tanigawa T, Sasaki H, Nonoyama H, Horibe Y, Nishimura K, Hoshino T, Ogawa T, Murotani K, Ueda H, Kaneda M. Outcomes of endoscopic endonasal dacryocystorhinostomy for intractable lacrimal dacryostenosis and associated factors. Int J Ophthalmol 2016; 18: 1471-1475
 
Hoshino T, Sasanabe R, Murotani K, Arimoto M, Inagawa S, Tanigawa T, Uchida Y, Ogawa T, Ueda H, Shiomi T Polysomnographic parameters during non-rapid eye movement sleep predict continuous positive airway pressure adherence. Nagoya J Med Sci 2016; 78: 195-203

学会発表・講演

星野哲朗, 田中弘一, 三藤泰史, 平山肇, 谷川徹, 植田広海:中枢性めまいを伴ったLemierre症候群の一例
第71回日本めまい平衡学会総会、東京(2012.11)
 

星野哲朗, 岡本啓希, 池田篤彦, 土屋吉正, 西村邦弘, 谷川徹, 小川徹也, 植田広海:甲状腺弁を用いた喉頭垂直部分切除後に喉頭亜全摘を施行した1例
第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会学術講演会、神戸(2013.7)

 
星野哲朗, 岡本啓希, 土屋吉正, 西村邦弘, 加藤貴重, 谷川徹, 小川徹也, 植田広海:化学放射線療法後に甲状腺弁を用いた喉頭機能温存救済手術を2度施行した1例
第26回日本喉頭科学会総会学術講演会、那覇(2014.3)
 
清水崇博, 西村邦弘, 土屋吉正, 星野哲朗, 稲川俊太郎, 内田育恵, 小川徹也, 植田広海:鼻脳型ムコール症の一例
日本耳鼻咽喉科学会第156回東海地方部会連合講演会、名古屋(2014.3)
 
星野哲朗, 麦雅代, 清水崇博, 稲川俊太郎, 内田育恵, 小川徹也, 植田広海:当院におけるOSAS患者に対するCPAP療法のアドヒアランスについての検討
日本耳鼻咽喉科学会第157回東海地方部会連合講演会、岐阜(2014.6)
 
星野哲朗, 篠邉龍二郎, 塩見利明, 室谷健太, 野村敦彦, 今井正人, 佐藤雅子, 加藤ちひろ, 角智恵子, 有田亜紀, 北村佳織, 村上陽子, 山口剛広, 有元真理子, 稲川俊太郎, 植田広海:nCPAP療法のアドヒアランスを予測できる因子の検討
日本睡眠学会第40回定期学術集会、宇都宮(2015.7)
 
岡本啓希, 星野哲朗, 土屋吉正, 西村邦宏, 稲川俊太郎, 車哲成, 内田育恵, 谷川徹, 小川徹也, 植田広海:導入化学療法後にSet-Back再建を施行した舌根癌症例の検討
日本耳鼻咽喉科学会第162回東海地方部会連合講演会、名古屋(2015.9)
 

星野哲朗, 篠邉龍二郎, 室谷健太, 有元真理子, 稲川俊太郎, 谷川徹, 内田育恵, 小川徹也, 植田広海:CPAP療法のアドヒアランス予測因子の検討
第117回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会、名古屋(2016.5)

 
岡本啓希, 星野哲朗, 土屋吉正, 西村邦宏, 小川徹也, 植田広海:術前診断が未分化癌であった喉頭悪性腫瘍の1例
第40回日本頭頸部学会、埼玉(2016.3)
 

Hoshino T:Polysomnographic parameter during non-rapid eye movement sleep predict continuous positive airway pressure adherence、Japan-Korea joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery.
東京(2016.5)

 
星野哲朗, 谷川徹, 堀部裕一郎, 矢野原元, 内田育恵, 小川徹也, 植田広海:口蓋扁桃摘出術の術後出血に関する検討
第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会学術講演会、広島(2017.5)
 
車哲成, 谷川徹, 犬飼大輔, 星野哲朗, 土屋吉正, 内田育恵, 小川徹也, 植田広海:若年で発症したメニエール病症例
第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会学術講演会、広島(2017.5)
 
星野哲朗, 有元真理子, 室谷健太, 植田広海, 篠邉龍二郎, 塩見利明:レム関連睡眠時無呼吸症候群とCPAPアドヒアランスの関係
日本睡眠学会第42回定期学術総会、横浜(2017.6)
 
可知亜沙子, 野畑宏信, 吉野雅文, 坂野章吾, 伊藤恭彦, 星野哲朗, 石井紀光:同時期に多臓器病変を認めたIgG4関連疾患の1例
日本内科学会第233回東海地方会、岐阜(2017.10)
 
Hori R, Sasanabe R, Hoshino T, Konishi N, Mano M, Usui K, Nomura A, Shiomi:Subjective insomnia symptom of obstructive sleep apnea patients. The 9th congress of asian sleepresearch society
札幌(2018.7)
 
Hoshino T, Sasanabe R, Murotani K, Nomura A, Hori R, Mano M, Konishi N, Usui K, Shiomi T:Investogation of sex difference in obstructive sleep apnea fron polysomnography findings、The 9th congress of asian sleepresearch society.
札幌(2018.7)
 
西尾佳朋, 古橋明文, 柘植祥弘, 伊藤邦弘, 星野哲朗, 小西倫之, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明, 山田史郎, 風岡宜暁:REM関連閉塞性睡眠時無呼吸におけるOA装着中REM睡眠期AHIについて
第43回日本睡眠学会、札幌(2018.7)
 
星野哲朗, 篠邉龍二郎, 室谷健太, 西尾佳朋, 佐藤雅子, 今井正人, 有田亜紀, 加藤ちひろ, 北村佳織, 山口剛広, 平木順子, 村上陽子, 眞野まみこ, 小西倫之, 堀礼子, 野村敦彦, 塩見利明:レム関連睡眠時無呼吸がAuto-PAP療法のアドヒアランスに与える影響
第29回 東海睡眠呼吸障害研究会、名古屋(2018.9)
 
星野哲朗, 篠邉龍二郎, 眞野まみこ, 野村敦彦, 加藤ちひろ, 佐藤まさこ, 今井正人, 室谷健太, Christian Guilleminault, 塩見利明:ナルコレプシーにおけるREM関連OSAの合併
第56回睡眠呼吸研究会、東京(2019.2)
 
星野哲朗:シンポジウム「REM関連OSAの現況:臨床像、治療、病態について」-ナルコレプシーにおけるREM関連閉塞性睡眠時無呼吸の頻度とauto-PAP療法に対するアドヒアランス-
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
小西倫之、長谷田陽子、山口麻衣子、星野哲朗、塩見利明:シンポジウム「低用量のアリピプラゾールを睡眠医療に活用する」-不登校生に対する低用量アリピプラゾールと在宅用携帯ブルーライト照明器具を併用した長時間睡眠者向けの睡眠衛生指導の有効性-
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
佐藤雅子, 篠邉龍二郎, 野村敦彦, 眞野まみこ, 星野哲朗, 今井正人, 加藤ちひろ, 有田亜紀, 山口剛広, 平木順子, 村上陽子, 塩見利明:PSGで観察された閉塞性睡眠時無呼吸患者における不整脈の合併について
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
古橋明文, 近藤崇之, 西尾佳朋, 柘植祥弘, 伊藤邦弘, 星野哲朗, 小西倫之, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明, 山田史郎, 風岡宜暁:体位依存性OSAと非体位依存性OSAの相違点
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
村上陽子, 安藤佳織, 佐藤雅子, 今井正人, 加藤ちひろ, 有田亜紀, 山口剛広, 平木順子, 篠邉龍二郎, 野村敦彦, 眞野まみこ, 星野哲朗, 塩見利明:睡眠時無呼吸症候群の夜間頻尿の合併頻度に関する検討~若年者と高齢者での比較~、第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6) 伊藤邦弘, 近藤崇之, 西尾佳朋, 柘植祥弘, 古橋明文, 星野哲朗, 小西倫之, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明, 山田史郎, 風岡宜暁:OSAにおける除脂肪指数(FFMI)と口腔機能との関連性
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
加藤ちひろ, 佐藤雅子, 今井正人, 有田亜紀, 安藤佳織, 山口剛広, 平木順子, 村上陽子, 星野哲朗, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明:ナルコレプシーと特発性過眠症におけるPSG所見の比較
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
有田亜紀, 篠邉龍二郎, 野村敦彦, 堀礼子, 眞野まみこ, 星野哲朗, 小西倫之, 今井正人, 佐藤雅子, 加藤ちひろ, 安藤佳織, 村上陽子, 山口剛広, 平木順子, 塩見利明:OSAS患者の居眠り運転事故における衝突被害軽減ブレーキ(AED)の事故防止効果;第2報
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
村瀬清香, 長谷田陽子, 須田真衣子, 山田真理子, 山田愛実, 浦邉綾子, 佐藤雅子, 今井正人, 小西倫之, 星野哲朗, 眞野まみこ, 堀礼子, 野村敦彦, 篠邉龍二郎, 塩見利明:長時間睡眠の睡眠衛生指導が奏功した反復性過眠症疑いの不登校中学生の1例
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
小西倫之, 長谷田陽子, 須田真衣子, 山田愛実, 山田真理子, 村瀬清香, 加藤ちひろ, 佐藤まさこ, 今井正人, 星野哲朗, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明:起立性調節障害(OD)と診断されていた不登校中高生の長時間睡眠に伴う起床困難に関する検討
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
長谷田陽子, 小西倫之, 須田真衣子, 浦邉綾子, 村瀬清香, 星野哲朗, 眞野まみこ, 野村敦彦,堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明:ゲーム症(障害)により自由継続型(non-24)の概日リズム睡眠覚醒障害を呈した不登校生の治療経験
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
今井正人, 篠邉龍二郎, 星野哲朗, 佐藤雅子, 加藤ちひろ, 有田亜紀, 安藤佳織, 山口剛広, 平木順子, 村上陽子, 眞野まみこ, 堀礼子, 野村敦彦, 塩見利明:脳性麻痺児への睡眠検査と治療への取り組みについて
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
西尾佳朋, 古橋明文, 柘植祥弘, 伊藤邦弘, 小西倫之, 星野哲朗, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明, 山田史郎, 風岡宜暁:REM関連閉塞性睡眠時無呼吸(REM関連OSA)に対する口腔内装置(OA)治療が睡眠構築に及ぼす影響
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
浦邉綾子, 長谷田陽子, 須田真衣子, 村瀬清香, 山田愛実, 山田真理子, 佐藤雅子, 今井正人, 小西倫之, 眞野まみこ, 星野哲朗, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明:レム睡眠行動障害(RBD)にみられるバウムテストの特徴
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
須田真衣子, 堀礼子, 長谷田陽子, 村瀬清香, 山田愛実, 山田真理子, 浦邉綾子, 佐藤雅子, 今井正人, 小西倫之, 星野哲朗, 眞野まみこ, 野村敦彦, 篠邉龍二郎, 塩見利明:過眠症疑い患者の自閉症スペクトラム障害傾向に関する検討
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
山口剛広, 篠邉龍二郎, 今井正人, 佐藤雅子, 加藤ちひろ, 有田亜紀, 安藤佳織, 平木順子, 村上陽子, 星野哲朗, 眞野まみこ, 野村敦彦, 塩見利明:在宅睡眠時無呼吸検査(HSAT)と終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)結果の比較検討
第44回日本睡眠学会、名古屋(2019.6)
 
西尾佳朋, 星野哲朗, 伊藤邦弘, 古橋明文, 小西倫之, 眞野まみこ, 野村敦彦, 堀礼子, 篠邉龍二郎, 塩見利明:REM関連閉塞性睡眠時無呼吸に対する口腔内装置の治療効果について
第57回睡眠呼吸研究会、東京(2020.2)
 
星野哲朗, 篠邉龍二郎, 室谷健太, 堀礼子, 眞野まみこ, 野村敦彦, 小西倫之, 麦雅代, 塩見利明:REM関連閉塞性睡眠時無呼吸における不眠症状について
第58回睡眠呼吸研究会、東京(2021.2)
 
星野哲朗, 斎藤卓也, 倉橋慎太郎, 佐野力, 篠邉龍二郎:高度肥満を伴う閉塞性睡眠時無呼吸に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の効果
第38回日本肥満症治療学会、富山(2021.3)
 

 

診療時間
午前診療 8:45~12:00 月~土
午後診療 4:00~ 7:00 月~金

休診日:土曜午後・日祝祭日

※午後の窓口での受付は6時30まで

星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター

〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3丁目1 エイヴィスプラザ2F

阪神西宮駅徒歩1分